最新の日記に戻る

はてなダイアリー(Everything but Music)

 2006年3月31日(金) Kill Rock Stars
 今猛烈に眠いです。「Let's Go Crazy」を眠気覚ましに聴きながら書いてます。

  
◆“Riot Grrrl(ライオット・ガール)”とは?(CDJournal.com) 
一過性のブームとして実に軽〜くスルーしてしまった日本では、パンクを匂わすサウンド、激しいパフォーマンス、どことなくメッセージ色あり、女性がフロントマンをつとめている、何か頑張っている、バラエティ番組でやたら発言する、ヒステリックな大声、離婚した途端にテレビに出まくる、とにかくデカイ、本気で夫婦喧嘩をする、いきなり小説家宣言をしてしまう、ごきげんよう大賞を常に狙っている、川崎麻世を尻に敷いている……などなど、本人の自覚も無いところで“Riot Grrrl系”として勝手にジャンル付けされているケースもしばしば。
 笑った。

◆リプレイスメンツ再結成!新曲収録のベスト盤も登場!(CDJournal.com)
 昨日うっかり見落としていたニュース。
 すげえ嬉しいけど、この情報だけじゃパーマネントな再結成かどうかはよくわかりません。

◆モリッシー「チャールズが国王になるなんてお笑いだ」(BARKS)
 まあ「Queen Is Dead」ってアルバム作った人ですから。これぐらいの発言、なんてことない。

◆本家3人も参加! Senor Coconut×YMO!!(HMV Japan)
 でも二人以上が一緒に参加しているトラックはないんだよね。

◆4/21発売日決定!HIオリジナル・ジャケット復刻 紙ジャケット仕様 当社オリジナル特典BOX
 (ディスクユニオン)

 一時期延期になっていましたが、ちゃんとリリースされるようです。今度こそ頼むよ。

◆ユージン・ランディ死去(CNN.com)
 3月22日、ホノルルの病院で肺癌のために亡くなったそうです。享年71歳。
 ブライアン・ウィルソンを「マインド・コントロール」したことで悪名高い精神科医ですね。R.I.P.

◆オリジナル・パンクス語る(BBC NEWS)
 今年はパンク30周年ということで、ジャン・ジャック・バーネル(ストラングラーズ)をはじめとする4人のパンク・ミュージシャンが当時の思い出を語っています。
 「あなたはパンクでしたか?あなたの思い出と写真を送って下さい。」なんて企画も。すっかり懐古モード。

 2006年3月30日(木) Perfect day
 異動に絡んだあれこれで数日どたばたと。本気でニュースサイトになりたいのなら、休むなよオレ。

 
◆デュラン・デュラン、ワースト・アルバムに(BARKS)
 アルバム「THANK YOU」のこと。くはははは……持ってます。

◆ビートルズ、リイッシュー盤では禁煙(BARKS)
 「The Capitol Albums VOL.2」のジャケットから煙草が消されるとのこと。だれかまたこれやったれ。

◆ビートルズ対コンピュータ、アップル2社の商標裁判始まる(ロイタージャパン)
 あまりこだわりすぎると見苦しいと思うけど。ニール・アスピノールさん。

◆プリンス、新アルバム『3121』がビルボード第1位に(BARKS)
 殿下完全復活。まだちょっとしか聴いてないけど、凄くいいよね今回のアルバムは。

◆イーノ兄弟のN.W./アンビエント・レーベル ALL SAINTSが待望のリイシュー!!(ディスクユニオン)
 ビル・ネルソン+ロジャー・イーノ+ケイト・セント・ジョン+ララージなんてグループがあるんすか。頭クラクラする。

◆SONIC YOUTH リー・ラナルド 映像作品(ディスクユニオン)
 リーの映像作品はともかく、一緒に紹介されてるファーストEP再発2300円は高すぎ。HMVなら1199円、近所のCDショップでも1800円程度だったぞ。

◆ELOの曲追加リマスター盤再び!名作7タイトルが随時発売(CDJournal.com)
 やっほー。待ってましたー。日本盤、紙ジャケにならないかな。

 2006年3月26日(日) Those were the days
 今日は、自分が常日頃愛読しているサイト・ブログからの記事をご紹介。

◆メアリ・ホプキン様を無理して探せ!(これを聴いて死ね〜ブリティッシュ・フォーク・ナウ〜)
 デヴィッド・ボウイ「ロウ」(私的愛聴盤です)にも参加してたんですね、ホプキン様は。見落としてました。

◆バーぼったくり問題(BAR BOSSA通信)
 「『チャージ』というのはお店に合わないお客を断る手段でもあるわけです。」「メニューに載っていないものが出ると『それいくらですか?』と聞けば良いんです。」 勉強になるなあ。

◆オンラインゲームの中国人労働者(サイコドクターぶらり旅)
 僕はゲームというものをほとんどやらないので知らなかったのですが、オンラインゲームの世界はこんなことになってたんですね。「タコ部屋状態」とされながらも、映像を見る限り、ゲームをやっている労働者たちはけっこう楽しそうに見えます。

◆オウマーだったあの頃 #1 #2(くらやみのスキャナー)
 ネットでは「オウム・アレフ(アーレフ)の物語」に注目が集まっているようですが、それに負けず劣らずこのシリーズにも期待しています。早く続きが読みたい。

◆村上春樹『風の歌を聴け』レビュー(やさぐれ日記暫定版)
 なかなかに鋭いレビュー。この小説が書かれた年にはまだ生まれていなかった人が、今初めてこの小説を読むとこう感じるんだなあ、と興味深かったです。
 この小説は一種のファンタジーですし、現実の世界には存在しないアナザー・ワールドの物語です。それを評価するかしないかが分かれ目のような気がします。
 この文体・内容が、発表当時、きわめてスタイリッシュで斬新なものだったことは間違いありません。80年代という時代の中で、このスタイルは表層だけすくい取られ、消費され、陳腐なものになり果てていくわけですが。
 そしてそのスタイルの元祖であった村上春樹自身の書く小説は、オウム事件や阪神大震災という現実の「事件」を経て、変わっていったと思います。それが良いことなのかどうかいまだによくわからないんですけども。

 2006年3月25日(土) Instant hit
      
◆ザ・スリッツ、再結成!ライヴに続いて新作の噂も(CDJournal.com)
 本気で驚いた。がんがれオバちゃんたち。

◆ビートルズをネタにした曲のコンピレーション?(CDJournal.com)
 ビートルズネタのノヴェルティ・ソング集。これは本気で欲しかったりする。収録曲を全部コレクトしようと思ったらすごい手間暇かかっちゃうだろうから。

◆Niagara Recordsとタワレコがコラボレーション、トリビュート盤を毎シーズン発表(bounce.com)
 ショボい出来にならないことを望みます。

◆ジム・オルーク、TOKION誌主宰フリーフェスに出演決定(BARKS)
 フェスは今日12:30から。場所は代々木公園野外ステージ。

◆ビートルズ「幻」の蝋人形が東京タワーで公開!(廃盤日記(増補改訂版))
 東京タワー蝋人形館って無駄にヘンなんだよね……ザッパいるし。

◆100年前の蝋管音源を聴けるサイトが人気(HOTWIRED JAPAN)
 これは凄い。6000種もの音源が聴けるそうです。しばらく楽しめそう。

◆元ちとせ、復帰アルバム!!(HMV Japan)
 つい「もとちとせ」と読んでしまうのですが。それはともかくアルバム、楽しみにしてます。

 2006年3月23日(木) 土曜日に僕達の家の窓から見える景色
 今年も人事異動のお達しがでちゃいました。1年でまた新しい仕事へ。めまぐるしい…。

  
○狐の会「暇つぶしの星のお姫様」(2006)
 シングル三部作の最終リリース。
 1曲目のバックトラックはベルセバ「Sleep The Clock Around」そっくりだ。これで女の子とデュエットしてたらそのものだよなあ、と思っていると、2曲目にそのデュエットが登場。ヤラレタ。ドラムスの女の子と歌っているのかな?
 3曲目はポエトリー・リーディング(というより掌編小説の朗読)。そして最終曲に訪れるささやかな歓喜。なんだかどうしようもなく泣けてきてしまった。

 何度も繰り返し聴いているうちにこれは「踏み絵」なのかもしれないと思えてきた。自分の中の青くささと頑なさとイノセンスを知るための踏み絵。もしくはその残量を示すレベルメーター。
 少しでも興味をもったら、とりあえずここで試聴してみてください。

「話題にそって移動する綺麗な星々の下で あなたは世界を考える/和解をもって死亡する美しい意思たちの上で あなたは明日を考える/『不確かな因果関係を僕は憎む 幸せを約束するのは諦めることだけ』/目薬をさしたあなたは そう 泣いているように見えた」(「目薬の中の涙」)

 2006年3月22日(水) Start me up
 今日から公演スタートですな。いかんいかんと思いながらも、つい2chストーンズスレを覗いてしまうわたくし。

 
◆イーノ、ロキシー・ミュージックへの復帰を否定(BARKS)
 3/20の日記でお伝えしたニュースですが、ガセだったようです。やっぱり。必然性ないもん。

◆オノ・ヨーコさんの広報担当、J・レノンの霊能番組を批判(ロイタージャパン)
 こちらは3/14に掲載したニュース(日本語記事)の続報。まあこれもとりあえず言っとかなきゃならんのでしょうね。

◆ビークル、働きまくってます!(HMV Japan)
 ヒダカとカトウの新バンドGallowについては前に取り上げたっけ。

◆This Heatボックス!(HMV Japan)
 ユニオン紙ジャケはやめてこちらを入手した方がいいですか?
 関係ないけど、同じページで紹介されてるSYリマスタ再発3枚、安いなー。各1266円だって。

◆“憂国の四士”U.K.、紙ジャケ化決定(CDJournal.com)
 まだまだ続く紙ジャケ化、と。

◆遂に!!ヘヴィ・サイケ超名盤 IRON BUTTERFLYが5タイトル紙ジャケ化!!(ディスクユニオン)
 どこまで続く紙ジャケ化、っとぉ。(桂小枝風)

 2006年3月21日(火) Fancy man blues
   
 昨日は記者会見も行われたってことなんで、ストーンズ来日関係記事を集めてみました。

◆ローリング・ストーンズが来日!! 成田空港での様子をアップ!!(東芝EMIオフィシャル)
 東芝EMIスタッフが撮影したらしき成田空港での動画あり。「キースですキースぅ〜」。ただの追っかけと同じスタンスなのが笑える。

◆最速!ストーンズ来日記者会見レポート到着!(ヨーガクプラス)
 ミックのリップサービス満載。

◆40年以上たっても転がり続ける“オヤジ”が来日! ローリング・ストーンズ記者会見レポート
 (デジタルARENA)

 マイケル・コール(ツアー・マネージャー)による前説も詳細に紹介している。

◆ストーンズ、公演に先立つ来日会見を速報レポ!(BARKS)  
──私は通勤中に聴く人が多い、朝早い番組をやっているラジオDJですが、ストーンズのみなさんはツアー中など、朝起きるのが辛いときにはどうしていますか?
キース:そのまま寝ているよ。
 なぜそんなことを訊きたがるのかw

◆記者会見レポートその1 その2 その3(東芝EMI洋楽スタッフの溜池日記)   
チャーリーが記者会見中ずーっと マイクをクルクル回転させて遊んだり、 何か白いハンカチで顔拭いたりしてたのが とっても印象的でした。
 チャーリー、マイク持ってても話すことないんだろうなー。

 記者会見でミックがワールド・ベースボール・クラシック決勝戦に「興味がある」といったことで、スポーツ新聞は、
◆ストーンズ、日本優勝でJAPANツアースタートだ!(サンケイスポーツ)
◆ミック「日本VSキューバ楽しみ」(スポーツニッポン)
 といった調子。さすが。スポニチの方には、日本人とキューバ人の両親を持つSHEILAとかいうタレントのコメントも載っていて、もはやストーンズの記事じゃなくなってる。
 でもなぜか日刊スポーツだけは…
◆ストーンズ公演キースのたばこOK(日刊スポーツ)
 ふははははは。いい。

 あ、中日新聞とは単独会見してるぞ。
◆ローリング・ストーンズ ミックさんら本紙と会見(中日新聞)
 ナゴヤドームのチケットが売れてないんで、販促のためですかね。

 2006年3月20日(月) New Song
 
◆Recording The Who's Mini-Opera(Things He Said Today)
 ピート・タウンゼントの日記の翻訳。ついにシングルがリリースされるそうです。タイトルは「The Glass Household」、発売は6月を予定。
 この「Things He Said Today」というブログ、ずっとピートの日記の翻訳をしてくれています。ザ・フーのファンは必読。

◆ロキシー・ミュージック、オリジナル・メンバーで新作(BARKS)
 なんと、ブライアン・イーノも参加するそうですよ。こいつあ驚いた。どうせならこれくらい派手なカッコでやってね。

◆ルネッサンスの76年英国ツアーがCDに(CDJournal.com)
 麗しきアニー・ハズラム様。

◆”ビートルズからツェッペリンまで”オークション開催(UNDERCOVER)
 米アリゾナにあるRock Star Galleryという博物館がチャリティー・オークションで音楽関係のレア・アイテムを放出するとのこと。ビートルズのメンバー全員がサインしたアルバム7枚とか、ストーンズやU2、スプリングスティーンが使っていたギターとか(しかもサイン入り。)開催日は4月1日。エイプリル・フールじゃないよね?
 ちなみに商品はこちらで閲覧できます。

◆マイルス・デイヴィスの伝記映画、企画中(E! online News)
 マイルスの甥であるヴィンス・ウィルバーンによれば、マイルス役には「ホテル・ルワンダ」のドン・チードルが有力視されているそうです。

◆キャピトルがビートルズの新たなボックスセットをリリース(Billboard.com)
 正直言って日本の方が情報早いね。世界一早いんじゃねえの。

 2006年3月19日(日) Get off of my cloud
 
 アクセス解析を見てたら「ローリングストーンズ チケット 売れてない」で検索してきた人がいて笑った。
 でも実際Googleで検索すると、なぜか僕が書いた2003年大阪ドーム公演の記事が一番上に来るんだよね…

 そういやストーンズ来日に関してはこんな記事もありました。スタッフ必死。

 というわけで、僕もストーンズ来日に便乗して「資料館」に今回のストーンズ紙ジャケ再発の記事を追加しました。
 アナログ盤コレクターではないのでオリジナルとの比較検証などできるわけもないのですが、写真だけはいつもより多めです。こちらからどうぞ。

過去の日記はこちら↓
2006年 3月中旬3月上旬2月後半2月前半1月後半1月前半
2005年 12月11月後半11月前半10月後半10月前半9月後半9月前半
8月後半8月前半7月後半7月前半6月後半6月前半5月4月
3月後半3月前半2月1月
2004年 12月後半12月前半11月10月後半10月前半9月後半9月前半8月後半
8月前半7月後半7月前半6月後半6月前半5月後半5月前半3月後半−4月
3月前半
2月後半2月前半1月後半1月前半
2003年 12月後半12月前半11月後半11月前半10月後半10月前半9月後半9月前半
8月後半
8月前半7月後半7月前半6月後半6月前半5月後半5月前半
4月後半
4月前半3月後半3月前半2月後半2月前半1月後半1月前半
2002年 12月後半12月前半11月後半11月前半10月9月8月7月6月5月
4月
3月2月1月
2001年 11月〜12月

TOPページに戻る
inserted by FC2 system