最新の日記に戻る

はてなダイアリー(Everything but Music)

 2004年6月15日(火) ローテク・ロマンティカ
◆初来日記念『A Tribute To The Who』( from 「子供騙しの猿仕事日記」)
 芦屋雁之介がどもりながら歌うMy Generation「じぇ、ジェネレーション、…なんだな」。ぶははは。朝から笑わせんでください。
 俺も考えてみよ。えーと。
 ○つぶやきシローがぼそぼそと歌う「リリーのおもかげ」
 ○W(ダブルユー)がぎゃあぎゃあ騒ぎながら歌う「キッズ・アー・オールライト」
 ○窪塚洋介が空を飛びながら歌う「僕は自由だ」
 ……あ、時事ネタになってしまった。いかん。

 出勤時にグールド「モーツァルト:ピアノ・ソナタ第11番&第15番」。おそろしくゆっくりしたテンポで演奏される11番はまるで「ジムノペディ」みたいに響く。
 帰りはスピッツ「三日月ロック」
「でたらめに描いた バラ色の想像図/西に稲妻 光る/夜を駆けていく 今は撃たないで/滅びの定め破って 駆けていく」(「夜を駆ける」)
 途中、本屋に寄って「THE DIG SPECIAL ISSUE THE WHO」を買う。いやなんだか知らないけど、レコードコレクターズ誌もザ・フー増刊を出すらしいし、もうたまりませんな。

 2004年6月14日(月) さらばユニヴァース
 あいかわらず月曜は最悪の気分。
 出勤時にグレン・グールド「バッハ:パルティータ第5番&第6番」。なぜ最初の楽章と最後の楽章だけはステレオ録音なんだろう。5番も6番も。
 仕事はあいかわらず仕事だ。苦痛でたまらない。
 帰りはスピッツ「ハヤブサ」
「甘い言葉 耳に溶かして/僕のすべてを汚して欲しい/正しい物はこれじゃなくても/忘れたくない 鮮やかで短い幻」(「ホタル」)

 2004年6月12日(土) Never too late
 妻が一泊旅行にでかけるので新幹線の駅までクルマで送ってゆく。
 帰りに「万代書店」に寄って中古CD漁り。なぜか突然カイリー・ミノーグが聴きたくてたまらなくなり「グレイテスト・ヒッツ 87-97」を買ってしまった。2枚組で1500円。安い。
 そのほかにジョージ・マイケル「PATIENCE」ルーパー「アップ・ア・トゥリー」ケイト・セント・ジョン「夜のいたずら」も購入。
 家に帰ってからカイリー・ミノーグを聴く。ストック=エイトキン=ウォーターマン。身も蓋もないポップさ加減が気持ちいい。頭をからっぽにして聴いていられる。ライナーノーツの最初にいきなり「カイリーが1988年にファースト・アルバムをリリースしたとき、評論家の多くは、彼女のことを新たな使い捨てポップにすぎず、そのキャリアは絶対に長続きしないだろうと言った…」と書いてあるのがおかしかった。まあ僕も含め、そう思ってた人は多いはず。でもきちんと生き残ってるんだもんな、けっこうしたたかな人だ。

 2004年6月11日(金) Rain dogs
◆ザッパの新曲「Black Tongue」と新譜「Joe's Corsage」(情報元: FRANK ZAPPAの○△□)
 ジーン・シモンズのソロに収められた”新曲”はともかく新譜は気になる。マザーズのデモ?それ以前の音源?

 一日休みをもらい、車であちこちに行き、あれこれ用を済ませる。運転中にトム・ウェイツ「レイン・ドッグス」を聴く。Robert Quine追悼の続きだが、彼の参加は2曲だけ。でもそのうち1曲は名曲「DOWNTOWN TRAIN」だ。
「今夜おまえに会えるだろうか ダウンタウンを走る列車の中で/俺の夢はすべて雨のように降りそそぐ ダウンタウンを走る列車の上に」

 2004年6月10日(木) Nothing lasts
◆今後発売予定から輸入盤の注目リリースをピックアップ!(HMV Japan)
 あーFACESのボックス欲しいなー。金ないなー。

 仕事の行き帰りにマシュー・スウィート「ガールフレンド」。ひきつづきRobert Quine追悼モード。彼がこのアルバムでギターを弾いているのは15曲中10曲。
「太陽をみつめながら 君が現れるのを待っている/君が近づいてくるのが見える 想像していたように/とりかえしのつかないことになるまで 太陽をみつめる 目が焼きつくされるまで/そう 僕はいまや盲目…盲目」(「LOOKING AT THE SUN」) 

 2004年6月9日(水) Walk on the wild side
 仕事の行き帰りにルー・リード「Live in Italy」。Robert Quine追悼。
 ”Heroin, be the death of me. Heroin, it's my wife and it's my life ”と歌ったルー・リードは生き残り、その横でギターを弾いていた男はヘロインで命を落とした。シニカル。

 2004年6月8日(火) くすりをたくさん
◆Robert Quine死去 (情報元: Flowers of Romance
 弁護士資格を持つパンク・ギタリスト。ルー・リードやトム・ウェイツ、マシュー・スウィートのアルバムで、彼の特徴あるギタープレイを聴いたことのある人も多いでしょう。死因はヘロインの過剰摂取。ビルボードの記事には、奥さんを亡くしてひどく気落ちしていた、とありました。あ、CDJournal.comにも記事が出ていますね…
 彼はヴェルヴェット・アンダーグラウンドの熱心なファンとしても知られていて、個人的に録音したテープを元に「The Quine Tapes」なるライヴ・アルバムがリリースされたほどでした。しかし61歳だったとは…。R.I.P
(Robert Quine公式サイト→

 仕事場への往復に「CARAMEL PAPA」。いにしえのPANAM音源コンピレーション。
「狂ってるのは 君だけじゃない/さあ目を開いて 人を見てごらん/どんなことを見ても あたりまえなんて思っちゃ駄目/熱が出たら 流行の病気 弱気になって 諦めること/すぐに駆け付けましょう もうすぐあなたは天国よ/薬をたくさん よりどりみどり/こんなにたくさん 飲んだら終わり/なおる頃には また病気」(大貫妙子「くすりをたくさん」) 

 2004年6月7日(月) Coming down again
 出勤時にストーンズ「山羊の頭のスープ」
「メアリーと俺は 門のところに座って 空を飛ぶドラゴンをただ見つめていた/なんて優しい日々 秘密などなにもなかった/もう 100年も昔のことみたいに思える/いまや友達はみな 当惑した笑みを浮かべ 昔の夢などどこかに忘れて暮らしている/ときどき 成長しなきゃよかったと思うことはないかい?」(「100年前」)
 蒸し暑くてたまらない。熱があるような気がする。
 帰りはつじあやの「COVER GIRL」。今日は「シャ・ラ・ラ」がしみた。Let me try to be back to this place anyday.

 2004年6月5日(土) Got live if you want it !
○ローリング・ストーンズ「Singles 1963-1965」
 '63-'65の間に英米でリリースされたシングルを12cmCDで復刻したボックス。中身はこんな感じ
 5/25の日記にも書いたけど、カンパニースリーブにはちゃんと穴が開いているしCD盤面はレコード溝を再現してある。「青春のメロディーチョコレート」みたいだな。
 音源は、すべてBob Ludwigによるリマスター。チャーリー・ワッツのドラムスがびしびしとタイトに響く。女の子たちの絶叫の中で繰り広げられるライヴ演奏を収めた「got LIVE if you want it !」なんかほんとかっこいいよ。

 ストーンズといえば、正月のamazonセールで買ったDVD「フォー・フリックス」をまだ見ていなかったことに思い至り、とりあえずディスク1を。ニューヨークでのツアー発表からパリ、トロントでのリハーサルを経てボストンでのツアー初日までの流れを追ったドキュメンタリー「Tip of The Tongue」を中心に据えたディスク。
 スタジオ・リハーサルやゲネプロなどツアー・スタッフにでもならないと見られない貴重なシーンが次々と現れて、気分が無闇に高揚する。ボーナス・トラックとして収められたライヴ映像も珍しい曲が多く(スタジオ・セッションもあり)、特にオーティス・レディングのカヴァー「I Can't Turn You Loose」は最高でした。

 2004年6月4日(金) God must be a Boogie man
◆遂に実現!ディランの名盤の数々が紙ジャケ仕様にて限定リリース!(HMV Japan)
 あー去年出たSACDハイブリッド盤を買わずにいてよかったなー。1890円という価格もナイス。

 仕事の行き帰りにジョニ・ミッチェル「シャドウズ・アンド・ライト」。バックバンドはパット・メセニー+ジャコ・パストリアス+ドン・アライアス+ライル・メイズ+マイケル・ブレッカー。豪華。ジャコパスの演奏は特に素晴らしい。当時ジョニとつきあってたんだっけ。
「わたしたちは星くず/十億年前に生まれた炭素/わたしたちは黄金色に輝いている/悪魔の取引に囚われてしまっていたけれど もう戻らなきゃ/楽園へ 見せかけの楽園へ」(「ウッドストック」)
 仕事の帰りに10ccのファースト&セカンドの紙ジャケ再発を探しに出かけるが発見できず、なぜかアルド・チッコリーニ「SATIE :PIANO WORKS」を買って帰る。いや安かったんすよ。5枚組で2500円くらいだったんで。 

 2004年6月3日(木) Searching for Mr.Right
◆Amazon.co.jpの輸入盤ストアがやけくそ気味の価格に ( from 音楽配信メモ )
 こりゃすげえ。輸入権可決に対する無言の抵抗か?

 出勤時にヤング・マーブル・ジャイアンツ「コロッサル・ユース」
「もし 世界があなたの足の上にあるのなら/あなたはベッドの中にいるときだけ生きてるってこと/世界の中にあなたはいない/世界はあなたの頭の中」(「Clossal Youth」) 
 帰りはマイルス・デイヴィス「マイルストーンズ」。Milestones(里程標)=Miles-tones(マイルスの音)。

 2004年6月2日(水) fall from grace
 6/23リリース「マイ・ジェネレイション」紙ジャケ、ユニオン特典は「エキサイティング・ザ・フー」ミニチュアレプリカ&帯らしいよ…ぐぇえ。

 出勤。パディ・マカルーン「i trawl the MEGAHERTZ」を聴きながら。
 タイトル曲は、タイコウチさんの素晴らしい訳でぜひ。
「だから 私は空をさぐり じっと耳をすます/私はメガヘルツの海で網をたぐる/だが網の目は粗すぎて あなたをとらえることができない/二つの大陸を渡る一羽の白鳥 レーダーを逃れる幻の影」
 帰りは「ザ・フューチャリスティック・サウンド・オブ・サン・ラ」
 途中、ロッキン・オン7月号を買った。輸入権の記事を読むため。で、感想。HMVとタワレコの生の声を聴けたのは評価する。でもどうせならレコード会社を追求してほしかったよ。そして思うのは結局こう。「なんにせよ遅すぎた。」

 2004年6月1日(火) I'm only sleeping
 今日も仕事を休む。また寝てばかり。休んでるときはどうして時間がこんなに早く過ぎてゆくのだろう。

過去の日記はこちら↓
2004年 5月後半5月前半3月後半−4月3月前半2月後半2月前半1月後半1月前半
2003年 12月後半12月前半11月後半11月前半10月後半10月前半9月後半9月前半
8月後半
8月前半7月後半7月前半6月後半6月前半5月後半5月前半
4月後半4月前半3月後半3月前半2月後半2月前半1月後半1月前半
2002年 12月後半12月前半11月後半11月前半10月9月8月7月6月5月
4月
3月2月1月
2001年 11月〜12月

TOPページに戻る
inserted by FC2 system